これが21世紀型金融
これが21世紀型金融
ホーム > > 住宅ローンって皆どのくらい借りるもの?

住宅ローンって皆どのくらい借りるもの?

一般的に住宅ローンは、

定年までに終わられる年数で、

支払額が毎月の手取りの25%以内に留める事とされています。

 

もしくは退職金などで一括返済をして、年金生活になるころまで残しておくべきでないとされています。

理由は、少ない年金収入だけになった時に住宅ローンの返済が残っていると住宅ローン返済や生活に影響があるからだとういうことだそうです。

 

ご存知とは思いますが、住宅ローンの組み方次第で何百万円も払うお金が変わってきます。

200万、300万、時にはそれ以上住宅ローンに支払うお金が変わってきます。

 

・・・ということは、将来あなたの手元に残るお金が200万も300万も違ってくるということ。

老後にゆったり旅行に行けるかどうか世界一周にいけるかどうかの分かれ道になることもあります。

無料の老後貯蓄セミナーで今からしっかり対策を練っておきましょう!!